僕のコミュ力改善奮闘記

まずは相手の話を聞く

僕のような人間は、女性と話す時に「何か話さないと」と焦って、相手の話を聞いていない事が多いです。
ですのでまず始めに、自分は相手に話題を振れるようなボキャブラリーも、度胸も無い事を胸に刻みました。
まずは相手が話す事をしっかり聞く事を徹底しました。
ガールズバーの女の子は向こうから話を振ってくれますから、『何か喋らなきゃ』と思わなくて済むのが素晴らしいです。
 

話に対しての自分の思い

相手の話を聞いていると、自分の意見と言うのが浮かんできました。
今まで女性と話していて、自分の意見なんて考えた事も無かったのでビックリです。
ガールズバーの女の子たちは僕の意見を聞いてくれるよう質問をしてくれたりするので、その時に思ったことを話すようにしました。

女の子と話す経験値が少なかった為、僕の意見は多少ずれていたかもしれませんが、目の前の子は気にしないでくれたので、話し続けていきました。
自分の意見を喋るのは、思っているより気持ちが良く、充実感がありました。
これを続けていけば、コミュ障改善に繋がると思いました。
 

相手の反応が変わっていく

何回も通って会話を続けていくうちに、僕の話した事によって、相手の反応が変わっていきました。
思った以上のリアクションがあったのです。
恐らく、経験を積んでいったことで僕の意見が彼女の心にヒットする段階になったのだと思います。

「今日暑いね」「僕もそう思う」
から
「今日は暑いね」「僕、もうこの夏を乗り切れる自信がないよ」「え、暑いのそんなに苦手なの?」
みたいな

あまり良い例じゃなありませんが、こんな風に自然と会話が続くようになっていったのです。
 

上手く喋れるコツを聞く

何回も通い、お店の子とも喋れるようになって、僕は自分が女の子とあまり喋れない事を告白しました。
その時、打ち明けた子全員に「うん、知ってたー」と言われ、少なからずショックを受けましたね。
まあ、僕の喋りを見ていれば気付いて当たり前かと思いますが。
(今思うと、最初からコミュ力が無い事をカミングアウトした方がコミュ障改善が早かったのではないかと思います)
その話をしてから、僕はどうやって喋れば良いのか、女の子たちに相談をするようになりました。
女の子の中には、「自分もコミュ力なかった」という子もいて、真剣に相談に乗ってくれました。
色んな子が色んな考えを持っていて、その中でも僕が今だに活用させてもらっている事があります。
それは
・相手の言葉を否定しない
・話すペースを合わせる
・相手に興味を持つ

です。

この3つは、僕にとってとても重要なコツとなりました。

奮闘記②へ続く

僕のコミュ力改善奮闘記②


・相手の言葉を否定しない
・話すペースを合わせる
・相手に興味を持つ

女の子から教えてもらったこの3つは、僕にとって重要なコミュ力改善のコツとなりました。

共感力

まず、女の子は共感してくれるのが一番嬉しいのだと教わりました。
なので、女性と話す時は絶対に否定しないようにしています。
違う意見を持った時は、一度相手の言葉を受け入れ共感し、でもこういう意見もあるよね?と提案します。
僕の性格上、例え違う考えを持ったいたとしても「俺の意見が正しい!」という風に出来ないので、これが一番僕に合ったやり方でした。
 

話すペースは大切

次に、話すペースを合わせるようにした方が良いと教えてもらいました。
教えてくれた子は、お店の中でもお話し上手だと評判が良い子です。

ある時、コミュ術を盗もうとその子の話し方を観察していたら、お客さんに合わせて話すテンポを変えているのに気付きました。
その事をその子に聞いてみたら、相手の話すテンポに合わせているのを心がけていると教えてくれました。
相手の話すテンポに合わせると、相手は話していて心地よいと思ってくれるし、話しやすいと感じてくれるんだそう。
確かに、その子が僕に話す時はとってもゆっくりで、僕のたどたどしい話し方に合わせてくれていました。
これは今でも常に心がけています。
 

興味を持つから会話が続く

相手に興味を持つという事の大切さも学びました。
僕が言葉に詰まる時って、相手の事を無視して自分がどうやって話したら良いか、そればかり考えてしまっていました。
自分の事ばかり考えていては、話したい言葉が見つかるわけありません。
相手の事をもっと知りたい、相手の話をもっと聞きたい。
そういう風に思考を変えていくと、話題はどんどん浮かんできますし、相手も自分の事を話してくれるようになりました。
それだけではなく、相手が今どんな気持ちなのかも分かるようになってきて、空気を読めるようにもなっていったのです。
 

女性心も学んでいざ実践

ガールズバーに通うと、会話の仕方、女性心を学ぶ事が出来ました。
そして、自信も付きました。
ガールズバーで自然に喋れるようになって、大学でも女性と話してみようと実践していきました。
やはり、ガールズバーの女の子たちと話す時のように流暢に話す事は出来ませんでしたが、それでも会話は続きました。
嬉しかったですね。
それがまた自信に繋がって、女性と話す事が楽しいなと思えるようになって、同じ講義を取っていた物腰柔らかい女性に恋をして、そしてお付き合いする事が出来ました。
ガールズバーに通う前の僕からは想像が出来ないような幸せが、今あります。
 

ガールズバーの疑問

ガールズバーの相場

僕が最初に調べたのはお金についてでした。
夜の店ということで、結構な出費になるだろうという事は覚悟していましたが、果たしてどれくらいになるのか調べてみたところ
1回60分の滞在で、8000円前後
というのが相場らしいです。
これはお店によって結構違うので、平均して8000円位だと思っていれば良さそうです。

ちなみに、僕の行っている所はサービス料が無いので、高くても5000円で飲めました。
通う事を前提に行っていたので、女の子たちも気を遣ってくれていたので、安い時は4000円いかずに飲める事もありました。
 

キャバクラとは違うのか

ガールズバーに行くまではキャバクラとの違いをあまり分かっていなかった僕ですが、今では全然違うと断言できます。
まずキャバクラより安い。
そして、女の子たちもドレスを着たりして着飾っているわけでもなく、普通の女の子たちです。
そして、ガールズバーは接待行為は禁止されているので、隣に座ることもありませんしお酌等も無し。
キャバクラは女の子からヨイショされるのを楽しむところで、ガールズバーは女の子との普通の会話を楽しむところです。
 

一人でも行けるのか

一人で行っても良いのか気になっていましたが、一人で飲みに来る人も多いです。
僕の感覚としては、4割くらいの人は一人で来ていると感じました。
特に、アットホームを売りにしているような所は、お客さんも静かに飲みたいという人が多いそうで、一人で来るお客さんの方が多いんだそうです。
一人で行ってもおかしくない所、というのは有難かったですね。
 

服装

お客さんは恐らくサラリーマンの人が多いので、仕事帰りのスーツで来ている人が多かったです。
僕のような大学生くらいの人もいて、皆普通の私服です。
特に決まった決まりは無いですし、普段着でOKだと思います。
ただ、あまりにも汚いような、相手に不快感を与えるような服は勿論NGです。
 

危なくないのか

ぼったくりガールズバーは存在しているみたいです。
危ないガールズバーは、料金設定があやふやだったり、キャッチがしつこく巧みだったりするみたいですので、行くお店はちゃんと調べてから行った方が絶対に良いです。
 

女の子たちと付き合える?

ガールズバーについて調べると、お店の女の子と付き合えるのかどうか、というような内容が多かったので書かせてもらいますが、付き合えます。
あるお店ではお客さんと女の子が付き合って結婚した、なんていう話しを聞きいたこともあります。
ただ、確率は極めて低いと思っていた方が良さそう・・・?

ガールズバーの料金体制について

料金システム

ガールズバーの多くは1セット何分、いくら、というシステムが多いです。
お店によって1セットの時間と料金は変わってきます。
例えば
飲み放題 50分3000円

というのは、お店に入った最初の50分間飲み放題で、その料金が3000円だという意味です。
これが1セットとなっています。
50分で飲み足りないなという時は延長が出来ます。
例えば
自動延長 30分2000円

というのは、1セット50分が過ぎたら延長が自動でされ、次の30分から2000円かかるという意味です。
延長は自動でされるお店と、事前に延長するか聞かれるお店があります。
殆どのお店が自動延長式みたいですね。
自動延長は自分で時間をコントロールしなくてはいけませんので、気を付けて下さい。
 

プラスされて行くもの

消費税やサービス料、TAX等表記は様々ですが、必ず税が付きます。
僕が行っている「EBIEBI」はサービス料が無く、消費税だけなのが魅力です。
もろもろひっくるめた相場は15%~20%くらいでしょう。
中には、セット料金を安くしておいて税を物凄く高く設定している所もあります。
セット料金だけで判断しないで、税が何%かかるのかをしっかり確認しておきましょう。
 

飲み放題以外のお酒

飲み放題に含まれていないお酒を頼むと、当然ながら別途料金が発生します。
また、1セットが飲み放題では無く1オーダー制だった場合も、飲めば飲むほどかさんでいきます。
1オーダー制の方がセット料金は低いですが、自分がどれだけ飲むかを考えて飲み放題にするかどうか考えた方が良いですね。
 

女の子の飲み物代

ついてくれた女の子にドリンクを奢るのがガールズバーのマナーです。
時々女の子にお酒を一杯も奢らない人もいるそうですが、そう言う人はガールズバーに行かないほうが良いですね。
女の子のドリンクは1杯800円~1000円程度です。
女の子にどれだけ奢るかで、料金は結構変わってきます。
 

指名

ガールズバーはキャバクラと違い、指名出来ないお店が殆どです。
ただ、『リクエスト』や『推し』という名前に変えて、指名と同じようなシステムを導入しているお店はあります。
これは法律的にブラックに近いグレーゾーンなので、どうしても指名をしたい時はその事を頭に入れておきましょう。
相場は500円~1000円位です。
 

明朗会計のお店を選ぶ


良心的なガールズバーの場合、料金内容がこのように全て分かるようになっています。
この他にも、カラオケやらダーツやらで別途料金がかかることもあります。
システムがどういう風になっているか、内訳がちゃんと見られる明朗会計のお店を選ぶようにしましょう。